いぼを治そう【美容外科で処置するメリット】

主な種類とそれぞれの特徴

ウーマン

レーザー処置が高い人気

一般的ないぼは尋常性疣贅で、物への接触機会の多い指やひじ、ひざに出来やすいのが特徴です。出来たばかりのときは気にならない程度ですが、次第に硬くて隆起したものに発達していきます。また接触によって、表面は削られてザラザラしていることが多いです。これが足の裏に出来ると足底疣贅という名称になります。体の重さによって隆起したいぼは足の皮膚にめり込んで表面が平らになることが多いです。魚の目などと見間違うことも少なくありません。これらはヒト乳頭腫ウイルスが原因のため、触ると周囲の皮膚に広がり、人にも移します。自然治癒力によって治る場合もあるものの、広がるので早めに治療したほうが賢明かもしれません。同じくウイルス性のものに、水いぼと呼ばれる伝染性軟属腫があります。治療は基本的に、ピンセットのような器具で患部を除去するだけです。子どもが罹ることが多いため、わざわざ取らなくても自然に治る、という考えの医師が多いです。ウイルス性でなく、よく見られるいぼに老人性疣贅があります。別名は脂漏性角化症で、老人といっても加齢によるものなので、若年層でも現れます。全身いたるところに出現しますが、手の平や足の裏にはできません。始めは小さかったものも、段々と大きさを増していきます。色も形もほくろのように様々です。出来る場所は体の中でも比較的刺激の多い顔面や手の甲、肩、そして腕などです。多くのいぼは良性腫瘍で心配いりませんが、おかしな形や急激に大きくなった場合など、気になる場合は早めに皮膚専門家のいる医療機関を受診してください。尋常性疣贅や足底疣贅は、保険診療で認められている液体窒素による凍結療法が基本です。効果的ではあるものの、完全に病理部を焼いてウイルスを死滅させるまでに治療回数が必要で、痛みも伴います。この治療法の他には、レーザーによる処置も主流になりつつあります。これは自由診療なので、美容外科で受ける人も多いです。美容外科で処置するメリットとしては、レーザー施術実績が豊富な医師による処置が受けられるという点が挙げられます。いぼを除去するのに使われるレーザーは、炭酸ガスレーザーが多く、この機器はいぼの他、ほくろやシミの除去やニキビ治療にも用いられています。多種類の治療に使われているだけに、おのずと治療経験が増えるということです。炭酸ガスレーザーは、水分を多く含む病理部に高い反応を示すのが特徴で、いぼに照射するとそこだけを除去できるのが魅力です。照射時間はわずか0.1秒程度と短時間で、病理部を完全に除去するために角度や深さを考慮して処置がなされます。もし病理部が一度に取り除けなかった場合は、処置を何回かに分けて行う必要があります。取り除かれた病理部はぽっかりと穴が開きますが、短時間に高いエネルギーを一点に集中して照射できるので、周囲の皮膚組織をほとんど傷つけません。また、皮膚再生後は痕も残りにくいです。美容外科によっては、無料のアフターケアを用意しているところもあります。例えば1年以内に再発した場合に、再施術を受けられるなどのサービスです。こうしたサービスは美容外科ならではと言えるもので、中々他の医療機関では見られない取り組みです。