いぼを治そう【美容外科で処置するメリット】

どんな手順で治療するのか

レディ

流れをおさえよう

いぼとは医学的には「尋常性疣贅(ゆうぜい)」と呼ばれています。皮膚にヒトパピローマウイルスが感染することで生じ、皮膚の表面に盛り上がったゴツゴツとしたものが現れてきます。指・手のひら・膝などにできることが多いです。いぼはウイルスが関与している病態なので、自己免疫機能によって改善することがありますが、症状が広がってしまうとなかなか治癒しないことがあります。いぼの治療を行っているのは主に皮膚科ですが、美容外科でも受け付けています。では、美容外科における治療ではどのようなことが行われているのでしょうか。美容外科で行われる治療方法としては、主に炭酸ガスレーザーと液体窒素を使った治療が行われます。炭酸ガスを使った治療は保険適用外となるので、治療にかかる費用は全額自己負担となります。この治療の流れは、まず炭酸ガスレーザーを患部に当ててから病変を除去します。治療を行う前に局所麻酔を行ってからレーザーを当てる流れとなるので、患者が痛みを感じることはほとんどありません。またレーザーを当てると血管が切れて出血することがありますが、レーザーから生じる熱によって血管がすぐに固まるため出血が長引くことが少ないです。また液体窒素を使った治療は保険適用となるので、患者の負担額は少なくて済みます。治療の流れとしては、マイナス196℃の液体窒素を綿棒などに染み込ませてから患部に押し当てます。ただし1回では完全に患部を除去できるわけではないため、繰り返し治療が行わる流れです。1〜2週間に1回程度受診して治療を続けていくことになります。初めていぼ治療を美容外科で行う場合、その申し込み方法が良く分からないという人が少なくありません。スムーズにいぼ治療を受けるためには、どのようにして申し込めばよいのでしょうか。まずは、いぼ治療を受け付けている美容外科を探してみましょう。今はほとんどの美容外科でホームページを開設しています。ホームページの中には、施術内容について情報を公開しています。中にはフォトギャラリーを公開して、施術前と施術後の写真を掲載している美容外科もあります。複数の美容外科の情報をチェックして、自分に合いそうな医療機関に申し込むと良いでしょう。治療を受ける美容外科を決めたら申し込みを行います。インターネットが開設されている医療機関であれば、ホームページやメールから申し込み可能です。インターネット経由だと心配だという人は、直接電話で申し込んでも良いです。基本的に予約制であるため、自分の都合の良い時間帯を選んで申し込みましょう。人気がある美容外科では予約でいっぱいになっていることがあるので、候補日を複数決めておくと申し込みはスムーズです。また初回の治療では、いぼの状態や大きさ・数を確認します。美容外科ではレーザーを使った治療が行われることが多く、本格的な治療に入る前にテスト照射を行います。テストを行うことで、体質的に問題がないかをチェックします。テスト照射した痕が綺麗に治ったら、本格的な治療を開始します。本格的な治療を受ける場合も、日程的に十分余裕があるときを選んで申し込むことをおすすめします。